最短で人生目標を達成するための正しい戦略・情報の選び方

 
アフィリエイトのノウハウ

Password Protectedを使ってWordPressサイトにパスワード認証を付ける方法

この記事では、WordPressで作ったサイトにパスワード認証を導入できるPassword Protectedの導入方法を解説しています。

他のプラグインと同様に、ボタンをポチポチと押していくだけでパスワード認証のサイトを作ることができます。

Password Protectedの用途

Password Protectedの認証画面

Password Protectedは、WordPressサイト全体にパスワード認証をつけるプラグインです。サイトにパスワードを設定する方法としてはベーシック認証が定番ですが、Password Protectedを使えばプラグインをインストール・設定するだけなのでより簡単。

情報発信をしているのであれば、会員限定サイトなどを作るときに活用できます。実際に私も、購入者限定サイトをこちらのプラグインで作成しています。

Password Protectedの導入手順

それでは、さっそくPassword Protectedを導入していきます。

Password Protectedのインストール

WordPress管理画面からプラグインの追加画面にいきます。上部のフォームより「Password Protected」を検索。

Password Protectedのプラグインが見つかったら「今すぐインストール」ボタンをクリック。その後「有効化」ボタンが表示されるので、それを一度クリック。これで、プラグインのインストールが完了です。

Password Protectedの設定画面へ

続いて、プラグインの設定を行います。管理画面サイドメニューの「設定>パスワード保護」をクリックして、パスワード認証の設定ページに進みます。

Password Protectedの設定
f

最上部の「パスワード保護状況」にチェックを入れると、サイトにパスワードの認証がかかります。その下の、

  • 管理者を許可する
  • ログインしたユーザーを許可する
  • RSSフィードを許可する

については、「管理者を許可する」にチェックを入れておくと便利です。WordPress管理者であるあなたのみ、パスワードの認証無しでサイトを閲覧することができます。チェックを入れていなければ、自分も認証する必要があります。

あとは、サイトにログインするためのパスワードを入力して、「変更を保存」ボタンをクリックして設定完了です。

Password Protectedを設定したあとの認証画面

一度管理画面からログアウトしてチェックしてみると、WordPressの管理画面にログインするときのような画面が表示されました。先ほど入力したパスワードをここにいれると、サイトの全てのページを閲覧できるようになります。

以上が、Password Protectedの導入・設定方法です。


WordPressを使えば、このような限定サイトの作成も簡単に行うことができます。限定サイトを作ることで読者の人とより密な関係を作ったり、表では言えない極秘な情報発信をすることができます。

あなたが情報発信ブログを持っている場合は、是非この機能を活用して読者さんに喜ばれる限定サイトの仕組みを作ってみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


今ではこうして人にアフィリエイトを教えていますが、元々は半年実践するも1円も稼げないようなセンス無しの人間でした。

しかしそんな私でも、稼ぐために必要な「あること」を学ぶことで、一気に稼げるように。稼げるか、稼げないかは、ほんのちょっとのコツを知っているかいないかだけなんですよね。

私がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。

山田がネットビジネスで初めて稼いだ手法を講座にしました>>

この記事も読まれています

山田オリジナル企画!

山田

半年間0円→月収300万円達成!

「己を知り、敵を知る」自己分析や、目標設定により適した戦略は人それぞれです。

脱初心者が情報強者に変わり、ライバルをごぼう抜きする方法を解説するブログです。

詳しいプロフィールはこちら>>

1日1ポチ喜びます

今読まれている記事

最新記事

記事カテゴリー