最短で人生目標を達成するための正しい戦略・情報の選び方

 
アフィリエイトのノウハウ

アフィリエイトに必要な文字数はどれくらい?上位表示に必要な最適な文字数について

初心者の頃、やたら気になる作業量について。

「どれくらいの時間作業したらいいですか?」
「1記事にどれくらい文字数を書いたらいいですか?」

など、こういった質問をよくいただきます。

今回は、記事に対する文字数について。1記事どれくらいの文章を書いたら上位表示されるのか?気になりますよね。

私も文章を書くようになり、2年。「アフィリエイト記事の文字数」について、私なりの答えが見えてきたので共有します。

アフィリエイトに必要な文字数は◯◯文字

記事を書き始めの頃って、なかなか時間がかかります。私も最初の頃は、冒頭の出だしでつまづき、1文字も書けずに2時間が過ぎた…なんてこともありました。

あなたは日頃から文章を書く機会がありますか?

社会人になると、なかなかこうして自分の考えや知識についての文章を書くことが少なく、文章を書きはじめた頃はやたら苦労するものです。

で、なるべく楽をしよう。という考え方にシフトしていくのですが、その行き着く先の1つが、文章の文字数についてです。10,000文字書けないけど、2,000文字なら。2,000文字書けないけど、500文字なら。こういった感じでどんどん妥協していきます。

「上位表示できる最低限の文字数で記事を書きたい!」

私もこのように思っていた時期があり、実際「何文字くらい書けば上位表示できるのか?」について調べまくっていた時期があります。

テクニックばかりにこだわっていると、こういうドツボにはまって、結果アフィリエイトをすごく難しい物と捉えてしまう…で、最終的に稼げない。こんなパターンも多いんじゃないかなと思います。

Googleによるコメントで答えは決まっている

Googleには、運営者向けの公式フォーラムがあるのですが、ある人が「記事のキーワードと、広告の比率」について質問したところ、Googleの社員から以下のような回答が寄せられました。

読む価値のある、オリジナルの記事を提供している限りは(たとえばAdSenseを掲載するために作られたサイトではない)、テキストと広告の黄金比率や上位表示するために必要な最低文字数というものは存在しません。「木を見て森を見ずに」なっているのではないでしょうか?

検索に対してサイトを最適化するというのは、ページの文字数を数えるということではありません。役に立つ便利なコンテンツを確実に作って、そのコンテンツに検索エンジンがアクセスできるようにすることです。

はい、もう答えは出ていますよね。

上位表示のための、記事の文字数には決まりがない。

これが、記事の文字数に対する答えです。

たしかに、10,000字を超える長い文章の記事が、上位に表示されているケースはよく見かけますが、逆に短いものでも上位表示されていることもあります。例えば、以下のようなサイトですね。

アフィリエイトに必要な文字数は?少ない文字数で上位表示の例

本文が短くても上位表示しているサイト

はい。辞書サイトです。辞書サイトの文字数はめちゃくちゃ少ないですよ。場合によっては、30文字くらいのものも存在します。にも関わらず、上位表示されているわけです。

読者が満足するならそれが100文字でも構わない

このことからも、「Googleは単純に文字数でサイトを評価していない」ということが分かります。

辞書サイトであれば、「◯◯とは」などのキーワードで検索されることが多いですが、それに対しての答えを充分与えていることになります。つまり、文字数が少なくても、読者が満足する答えを見つけられたのであれば、それでOKということです。

極論をいうと、Twitterのツイートに収まる100文字程度の文章だって、それがユーザーの役に立つのであれば、全く問題ないということです。

「文字数を増やして上位表示しよう!」というのは、根本を間違っているというわけです。

無駄な文章を減らすことも大切

一時期「10,000字以上の記事が上位表示されやすい」と言われていた時期がありますが、これって結局どういうことかと言うと、

ユーザーが満足する内容にしていたら10,000字を超えていた

というだけの話なんですよね。別に文字数は関係ありません。結果として文字数が多くなったというだけです。

なので、「この文章は関係無いし、必要ないな…」と感じたら、積極的に削っても問題ないのです。無駄な文章を追加して文字数をかさ増しすることは、全く意味がないどころか、読者の満足度を下げる結果にもつながります。

例えば、私が長い間上位表示している「フェニックス」という教材ですが、こちらの文字数は10,000字もありませんし、ビッグワードである「アダルトアフィリエイト」というキーワードで20位以内に入っている記事に至っては、なんと1,000文字もありません(笑)

アダルトアフィリエトのやり方・始め方>>

「アダルトアフィリエイト」で1,000文字より多い文字数の記事なんて、いくらでもありますからね。文字数が上位表示には関係無いという1つの答えでしょう。

それでも気になるならアクセス解析と文字数を見比べてみると答えが分かるかも?

「でも、1つの基準として文字数が気になる!」

というのであれば、色々な情報をネットで調べるよりも自分で解析してみたほうが早いですよ。WordPressには記事の下に文字数が表示されているので、まずここを見て確認することができます。

アフィリエイトに必要な文字数はWordPressの記事下で確認可能

WordPressではデフォルトで文字数確認可能

また、一括で文字数を確認したい場合は、Posts Character Count Adminというプラグインで記事一覧から文字数を確認することもできます。(ただし5年前からアップデート無しなので利用する場合は一応ご注意を…)

記事一覧で文字数を確認できるプラグイン

記事一覧で一括で文字数確認できる

WordPress以外のブログを使っている場合は、文字数を調べるネット上のサービスを使って文字数を調べてみましょう。

アフィリエイトに必要な文字数を見れるサイト

フォームに文章を打つと文字数を表示してくれる

文字数カウントのサイト>>

まあ文字数は関係ない…という話をしたので、あまり気にする必要もないのですが、これら記事の文字数と、直近のアクセス解析を見比べて、「文字数とアクセスの相関」について解析してみてください。

自分なりの納得のいく答えを見つけることができるのではないでしょうか。

アフィリエイトをするときはネット上の情報に振り回されるな!

ネット上には、アフィリエイトに関して様々な情報が飛び交っています。

私がそうだったように、何時間も調べて、悩んでたどり着いた結果「別に悩む必要がなかった」場合、それだけで多くの時間を失っているわけです。

特に初心者の頃は右も左も分からずに、こうった問題で貴重な時間を失ってしまうことが多いです。このような問題を解決するためにも、アフィリエイトの正しいノウハウである、情報商材を購入して実践してみることを私が推奨しているわけです。

山田が推奨している情報商材はこちら>>

また、以下の記事で、1つのことに集中してインプット・アウトプットすることの重要性についてもお話をしています。

記事を投稿することです。

余計なことを心配して、答えの無い答え探しをしている時間があるのなら、記事を1記事でもネット上にアップしてください。特に最初は、そうすることで見えてくる答えの方が圧倒的に多いです。

「何文字書いたら上位表示されるかな?」という考えから、「この内容で読者の人は満足しているかな?」と考えて記事を書くことで、必ず上位表示される記事が1つ、2つと生まれてきますよ。

強いて言うなら、「2,000文字以上はほしい」というのが、私が最近サイトアフィリエイトを実践している中での印象です。

アフィリエイトに関して、一度調べてみてなかなか答えが見つからない場合は、是非1度私にご相談くださいね。以下のリンクからメールを送ることができます。お気軽にメッセージください。

山田に問い合わせする>>

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!
またいらしてくださいね。


今ではこうして人にアフィリエイトを教えていますが、元々は半年実践するも1円も稼げないようなセンス無しの人間でした。

しかしそんな私でも、稼ぐために必要な「あること」を学ぶことで、一気に稼げるように。稼げるか、稼げないかは、ほんのちょっとのコツを知っているかいないかだけなんですよね。

私がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。

山田がネットビジネスで初めて稼いだ手法を講座にしました>>

この記事も読まれています

山田オリジナル企画!

山田

半年間0円→月収300万円達成!

「己を知り、敵を知る」自己分析や、目標設定により適した戦略は人それぞれです。

脱初心者が情報強者に変わり、ライバルをごぼう抜きする方法を解説するブログです。

詳しいプロフィールはこちら>>

1日1ポチ喜びます

今読まれている記事

最新記事

記事カテゴリー